幼稚園→児童館→保育園に勤めた私の経験談

幼稚園教諭時代

新卒1年目の時に私立幼稚園で働きました。

私の地域では、私立幼稚園は家族経営が多かったように思います。

私立、家族経営という事で、幼稚園は理事長のもの。非常にピリピリした空気で息のできない日々を過ごしました。

慣れない仕事や人間関係のストレスで毎朝吐きながら仕事に行き、吐く事も1年上の先生には「私もそうだった」と、さも当たり前かの様に言われ驚愕したのを覚えています。

食べる量は倍になったのに1年で体重は6㎏痩せてしまい、携帯を触るのは土日のみ。

短大卒だったので、四大生の友だちからの誘いや電話に八つ当たりした事もありました。

子どもたちは可愛いですし、今でも年賀状のやり取りをするご家族もいますが、精神的に耐えれず、子どもたちの前に立つのも怖くなり、保育職を離れる事にしました。

児童館時代

延長保育の仕事をしていた母と、保育園に通園していた頃によくしていただいた当時の主任先生がばったり遭遇。私の事を気にかけてくださったそうです。

母が実は…と私が保育職から離れている事を話すと、人手が足りないから良かったらおいでと主任先生が勤めていた児童館の臨時職員に声をかけてくださいました。

心強い存在でした。短時間なので無理なく出来そうだと思い働いてみる事にしました。

保育士不足と言われますが、保育園だけが足りない訳ではないんです。保育士資格と一緒に幼稚園免許をとる人が多いので(大学を出ると同時にもらえます)幼稚園、児童館、学童、託児所、院内保育、病後時保育、今は美容室などもキッズスペースがあり、ハローワークなどで検索するとたくさんの働き口がある事を知ります。

余計に保育士の取り合いになる訳です。それはさておき…

勤めた児童館は、学童の機能を備えた児童館だったので、学校帰りの小学生の相手をしていました。

パワフルなうえに口がたち、クセもあり大変でしたが、懐いてくれる子もいる訳で、他の先生方も良くしてくださり楽しめるようになり、徐々に働く時間を増やしていきました。

保育園時代

児童館も楽しかったのですが、子育てを終えた先生方が多い職場。「もったいないから現場でやっておいでよ」「嫌になったら戻ってこればいいしさ」と励まされ、保育園で臨時職員として働く事に決めました。結婚で辞めるまでの4年間で、3歳児、1歳児、持ち上がりで2歳児、異動して5歳児とバラバラの年齢の子どもたちを見ました。毎年子どもの書類が変わるのは困りましたが可愛い子どもたちに囲まれてれば気になりませんでした。

何より感じたのは人間関係。

主任先生や副主任という直属の上司が面白い事が好きな先生で、楽しい職場でした。歳が近い先生も多く、何でも話せる関係だったのは保育を円滑にすすめるためには重要な事。同じクラスになる先生が誰かというのはその年を左右するくじ引きの様なもの。毎年ドキドキでした。
そして子どもたちと保護者。

どもたちはどんなおとなしい子であろうと、パワフルな子であろうと、なんとか人間関係を築いていけるもの。何より泣いてた子が保育園生活や保育士に慣れ、成長が見られた時の嬉しさはたまりません。保護者の方も、人間同士なので合わなかったりクセのある方はいますが、仕事して家事やって育児やってと三足のわらじを履くお母さんを労わって声をかければそこまで気に病むことはありませんでした。

私は現在妊娠中ですが、また保育の現場で働きたいと思います。理由は、またあの子たちのような笑顔に会いたいから。お母さんに先生のおかげです、ありがとうと言われる事。それが私のやりがいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です