保育士の低すぎる年収についての不満と理由

保育士の仕事内容

私が働いている保育園は認可の保育園です。一日の流れは、朝7時から早い子供は通園してきます。

私は3歳児の担当です。一番動き回り、元気いっぱいの年ごろの子供たちです。朝のお迎えをするために、私たちは6時には家を出て6時半には開園しています。

8時半から九時にかけて、他の子供たちがやってきます。

そこから一日が始まり、散歩や折り紙、歌、ご飯、おやつ、お昼寝とあっという間に過ぎていきます。

毎日毎日、時間が過ぎるのが早く時々なんのために、この仕事をしているんだろうと思うときもあるのが正直な気持ちです。

クレーム対応

やはり子供もいろんな子供がいますが、親もいろんな親がいます。園内にいるとどうしても、一人の子供だけを見ているのは絶対無理です。

目を離している隙に、喧嘩をしていたり、転んで泣いていたり、洋服を汚している子供もいます。

連絡帳に一日の出来事を書いていますが、それに対してやお迎えのときに文句を言う親は必ずいます。

子供だけでなく親の面倒も見ている気持ちになります。私も子供を保育園に預けているので、大事な子供を預けている親の気持ちはわかります。

しかしわたしたち保育士もロボットではなく人間です。

失敗もするし、完璧ではありません。理解してくれる親が増えてくれるのが一番私たちの支えになります。

給料が低すぎる

子供のお世話、親との交流、勤務時間、すべてにおいて納得できる程の給料がほしいです。

子供が好きでこの仕事について、楽しく働いていますが、私たちにも生活があります。時間外勤務なんて当たり前です。

手当てもつきません。政治でいろんな案が出ていますが、今のままだと保育士になりたいと思う人は増えないと思います。

保育園の増設が必要ならは、そこで働く保育士のことも考えて給料をあげてもらいたいです。私の場合、手取りで毎月15万円いけばいいほうです。

泣きたくなります。定時で帰れる人が給料低いんだなど話しているのを聞くと嫌な気持ちになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です